マンション管理組合の皆さまへ

築年数だけで決まる火災保険料に納得されていますか?
良質な「管理に」対して、割安な「保険料」を

マンションドクター火災保険

この商品の特徴は

建物のメンテナンス状況に応じて火災保険料が変わります

あなたのマンションの保険料は適正ですか?

マンション管理適正化診断サービスは無料です!
まずは診断をご依頼ください。

マンション管理適正化診断サービス
お申込みはこちら

マンション共用部分火災保険の高騰

近年、築20年以上経っているマンションの保険料が非常に高くなっています。保険料が高いだけでなく、引き受けを断っている保険会社もあるそうです。

なぜ、マンションの保険料が上がっているのか

それは、古いマンションほどリスクが高いと見なされ、保険料が築年数とともに上がり、保険料改定率も同様に築年数が経っているマンションほど高く設定されているからです。

マンションドクター火災保険では、「マンション管理適正化診断サービス」の診断結果に基づき、保険料が設定されます。築年数が経っていてもしっかりメンテナンスされている場合には割安な保険料を実現することができます。

マンション共用部分火災保険の高騰

継続すると保険料が上がる

継続するだけで保険料が前回の倍近いなんて事もよく耳にします。自動車保険などは使わないと保険料が下がったりするのに、なぜか築年数で保険料が決まり、どうすることもできない場合があるようです。

保険の性質上ある程度は仕方のない事だとは思いますが、保険料負担がまったく一緒という事はどうでしょうか。

ここに、良質な「管理に」対して、割安な「保険料を」というコンセプトが入っています。

継続すると保険料が上がる

今の保険料で満足でしょうか?

なぜ「築年数だけで決まる火災保険料に納得されていますか?」となっているかというと、最近のマンション共用部分用火災保険は値上げが続いているからです。保険契約の特性上、満期の案内がくるまで見直さないという方がほとんどなのではないでしょうか。

満期の案内がきてそろそろ更新しなきゃいけないと思い、満期案内を開いてみると高くなってる保険料をみて驚愕!なんて事になる方が結構いらっしゃいます。

今までのような建築年だけで保険料が決まる火災保険ではなく、メンテナンスをしっかりしていることでリスクを軽減していることが保険料に反映される商品「マンションドクター火災保険」を是非ご検討ください。

今の保険料で満足でしょうか?

マンション管理適正化診断サービス
お申込みはこちら

日新火災のマンションドクター火災保険とは?

建築年が違うだけで火災保険の保険料はこんなに違うのか…

うちのマンションは、きちんとメンテナンスしてきたのに建築年だけで保険料が決まって毎年保険料が上がるのは納得できない!という声がありますが、

「マンションドクター火災保険」なら給排水管等のメンテナンス状況に応じて火災保険料が割引されます。この保険の最大の特徴として、メンテナンス状況の確認のために「マンション管理適正化診断サービス」を無料で受けることができます。

契約することが前提のサービスではありませんので、お気軽にお申し込み下さい。

実際の割引例

マンション管理適正化診断サービスとは?

一般社団法人日本マンション管理士連合会が実施するメンテナンス状況の診断サービスです。

専門家のマンション管理士が現地にお伺いし、資料をもとに無料でメンテナンス状況を診断します。

診断結果は「診断レポート」というかたちで無料でご提供し、この診断レポートをもとに保険料のお見積りを作成します。保険料や補償内容をご確認の上、ご加入するかどうかご検討ください。

診断をご希望の方は、下記フォームを入力し、お申込み下さい。

「マンション管理適正化診断サービス」とは?

お客様の声

実際にご契約をされたお客様の声をご紹介します。

東京都国分寺市のマンション在住のお客様
マンションの診断依頼を先に出しましたが、大規模修繕予定を組んでおり、先に大規模修繕を行いました。保険料の大幅な値上げに頭を悩ませていたのですが、マンションドクター火災保険で見積もりをしたところ、他社に比べて圧倒的に安い保険料になりました。保険料を抑える事が出来たので満足しています。
東京都多摩市のマンション在住のお客様
満期が8ヶ月先だったこともあり、気軽に問い合わせをしてみました。実際にマンション診断をしてみると、メンテナンスをしっかりしていたこともあり、現在の保険料よりも安く提案してもらいました。数か月後に満期案内が届いたのですが、やはり現在よりも大幅に高い見積りだったので、保険の切り替えを行ないました。固定費の削減に成功したので大変満足しています。
東京都立川市のマンション在住のお客様
ファミリータイプのマンションで、実際に所有している方が多いのですが、賃貸で出している方も2割位います。自主管理を数年前からしており、保険料が継続するだけでかなり上がると通知が来たので、見積もり依頼を出しました。大規模修繕工事を数年前に行っていたので、保険料が安くなりました。相見積りを取らずに継続していたら、かなり保険料の負担が大きかったので、保険料を低減できて良かったです。
「マンション管理適正化診断サービス」とは?

マンション管理適正化診断サービス診断
依頼フォーム

以下のフォームにご入力の上、「確認画面へ」ボタンをクリックしてください。
必須マークの項目は入力必須となります。

STEP01内容の入力

管理組合・物件情報

管理組合名 必須

(例)適正化マンション管理組合

理事長名 必須

または管理者名

物件住所 必須
竣工年月 必須

(例)1980年4月

階数
戸数

依頼者情報

連絡先  氏名

※理事長・管理者以外の方は記入して下さい

連絡先  住所

※物件住所以外の場合は記入して下さい

電話番号 必須

(例)09012345678

メールアドレス 必須

※半角文字で入力してください

ページトップへ

pagetop